組合の種類と概要

 

組合の種類と概要

 
 
 中小企業の組合は、それぞれ法律によって設立されており、いくつかの種類がありますが、その主なものは次のとおりです。
 
 
  (組合名をクリックすると各組合の詳細にジャンプします)
 
 中小企業の経営の近代化・合理化等を図るため広く昔及している最も代表的な組合です。
 
 事業者・勤労者など個人が集まって事業活動を行う組合です。雇用創出や新規創業手段としても注目されています。
 
 参加中小企業の事業を統合し生産性の向上を図るための組合です。
 
 業界全体の改善向上を図るための組合です。業界を代表する同業者組合的な性格を持っています。
 
 商店街を中心とした商業・サービス業者等による組合です。
 
 飲食、理美容、旅館、クリーニング業などの生活環境衛生に関係の深い業種の組合です。
 
 
 
その他にも次のような組合があります。
 
 同一の資格業種による組合(企業組合を除く)同士が連合体を組織し、より広域的な活動を行うことで、単独で行うよりもさらに大きな効果が期待できるような共同事業の実施を目指す協同組合の連合体です。
 組合員になることができる資格が、従業員5人以下(商業・サービス業は2人以下)の事業者に限られていることが特色で、実施する事業等は事業協同組合と同様です。
 中小企業者・勤労者・地域住民等が相互扶助の精神に基づき、協同して預金の預け入れ及び事業資金の貸し付け等の金融事業を行う組合で、中小企業の資金需要に応えるための事業を実施しています。