『中央会の業務災害補償制度』推進のお知らせ

 

『中央会の業務災害補償制度』推進のお知らせ

 
 本会では、会員組合等に対する福利厚生事業の一環として、中小企業の皆様の経営安定や福利厚生の充実を図るため、全国中小企業団体中央会及び損害保険会社が連携して実施している” 所得補償制度 ”を拡充した『 業務災害補償制度 』を推進することになりました。
 
 
 

制度の内容・特徴

 
 本制度は、加入した中小企業の事業主・役員及び従業員の皆様が、労働災害による死亡・怪我での入院・通院や企業が負担する賠償責任等を補償する保険です。
 
 制度には次のような特徴があります。
 ○ 全国規模のメリットを活かした低廉な保険料
 ○ 労災保険給付と関係なく支払い
 ○ 「売上高」による保険料算出、事業者単位での加入
 ○ 使用者賠償責任保険を付加(労災の認定が必要)
 
 
 

取扱保険会社

 
 現在、次の4社で取り扱っております。
 ○ 東京海上日動火災保険(株)
 ○ 損害保険ジャパン日本興亜(株)
 ○ 三井住友海上火災保険(株)
 ○ あいおいニッセイ同和損害保険(株)
 
 
 

ご協力のお願い

 
 各損害保険会社より保険商品のご説明に組合及び組合員企業にお伺いする場合がありますので、その際にはご引見のうえ、ご高配をいただきますようお願い申し上げます。
 
 
 
※ このHPは保険の概要についてご紹介したものです。保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、ご加入にあたっては必ず「重要事項説明書」をよくご確認ください。ご不明な点は代理店又は引受保険会社までお問い合わせください。
 
 
 
  「業務災害補償制度」に関するお問い合わせは…
栃木県中小企業団体中央会 事業管理部 TEL 028(635)2300