協議会の取組み

トップ > 協議会の取組み

協議会の取組み

当協議会は、県内「道の駅」相互の情報交換、イベント・広報事業、共通商品開発事業、調査研究・研修事業など、様々な活動を通じて相互発展と地域振興に寄与いたしております。

 

【情報交換会の開催】

各道の駅の特徴的な取り組みや運営状況の報告、道の駅共通の課題等についての情報交換を定期的に開催しています。
主に道の駅の運営に直接携わる方(支配人や市町の担当者)が一堂に会し、運営面や施設面について互いに参考にしたり、運営上の諸課題について解決策を話し合ったりしています。

 

【イベント広報活動】

道の駅合同イベントの開催や外部イベント等への出店協力、協賛等の調整、スタンプラリーの企画や民間事業者とのコラボレーション、道の駅マップ作成、ホームページの運営等を行っています。

 

【共通商品開発】

“とちぎの道の駅“のイメージアップと売上向上につなげるため、県内の道の駅でしか買えないオリジナル共通商品を企画開発し、県内道の駅での販売を斡旋しています。また、道の駅「記念きっぷ」等についても取扱を推奨しており、新たなコラボグッズ等についても研究しています。

 

 

 

【研修事業】

道の駅で働くスタッフの方々を対象とした「接遇研修会」や、道の駅の運営に携わる方を対象にした「管理者研修会」、また、外部調査機関による覆面調査を通じた「施設診断」事業を通じて資質向上に努めています。
他県の先進的な道の駅等の施設を見学する「視察研修」事業も毎年開催しており、地域を代表する“おもてなし”拠点として、常にレベルアップを目指しています。