協議会レポート

トップ > 協議会レポート

協議会レポート

協議会関連事業の紹介や県内道の駅の最新情報を掲載していきます。

接遇講習会を開催しました。

 

 

 当協議会では、県内道の駅全体のレベルアップ、魅力向上を図るべく、毎年接遇講習会を開催しております。県内道の駅を持ち回りで会場とし、近隣の駅の方や遠くの駅の方など複数の方が一緒になって受講します。

 

 今年度第1回目は、道の駅湯の香しおばら様を会場としてお借りし、講師に㈲フジコー研修企画の篠原優子先生をお招きして開催しました。先生は元キャビンアテンダントとしてご活躍されており、キャビンアテンダントならではのきめ細やかな接遇を教えていただきました。今回は、接遇の基本的なことを学ぶことから笑顔の実践やTPOに合わせた立ち振る舞いまで教えていただきました。

 

 ご参加いただいた皆様も2時間の研修が終わる頃には、教えて頂いた素敵な笑顔になっていました。

 

 

2018年11月16日 【協議会事業】


【道の駅きつれがわ】オリジナル商品

道の駅きつれがわでは、道の駅オリジナル商品が数多くあります。

美肌印の石鹸他かわいいきつねがプリントされている商品の数々。

高級感ある大谷石を台座にし、とちおとめのいい香りがするアロマボックス。

普段使いにもお土産にも最適です。ぜひ足を運んでみてください。

 

2018年10月09日 【施設情報】


30年度「第2回情報交換会」を開催しました。

 9月20日(木)、「那須町役場」にて「第2回情報交換会」を開催いたしました。

 県内24駅から33名が集まり、

 ①限定商品・オリジナル商品の開発・販売

 ②イベント・集客・メディア活用

 ③農産物の安定確保

 ④環境・設備、組織運営面

 の4つのテーマに分かれて、情報交換を行いました。

 

 とても活発な意見交換となりました。

 

 次回は12月、「道の駅ばとう」での開催を予定しております。

2018年09月26日 【協議会事業】


【道の駅 はが】梨の季節です!

「道の駅はが」といえば何と言っても「梨」。

この時期は夏の「幸水」が終わって、秋の「豊水」が沢山並びます。

季節の移り変わりを感じますね。

「豊水」はほどよい酸味と果肉のやわらかさが特長、日持ちもするので御使い物にも最適です。

お店から宅配も頼めるので、箱買いで発送する方も多いようです。

さらにもう一つ気になったのがこちら ↓

秋ですね~。安いのでつい1つ買ってしましました。

この時期の直売所は行くたびに次々と美味しいものが並びます。

週末はぜひ道の駅にお出かけください。

 

2018年09月14日 【グルメ】


【道の駅 にのみや】いちごのヨーグルトパルフェ

「道の駅にのみや」は、いちごでとても有名な道の駅です。

そんな「道の駅にのみや」のスウィーツ工房のアイスがこちら!

 

期間限定でいちごのヨーグルトパルフェを販売しています。さっぱりしていて暑い日にぴったり。

お隣のストロベリーミルクは売れ筋No.1。

道の駅に立ち寄った際には、ぜひご賞味ください。

 

 

2018年08月09日 【グルメ】


【道の駅 湯西川】「魔除け」の熊の爪

日光市西川地区にある「道の駅湯西川」は、野岩鉄道湯西川温泉駅と直結しており、また車でいらっしゃる方は休憩ポイントとしてご利用いただける、旅の拠点となるような道の駅です。

そんな「道の駅湯西川」で先日見つけたお土産品がこちら。

熊の爪と牙です。熊の爪や牙は古来より魔除けになると言われています。

地元の猟師さんが獲った時にだけ入荷する、という大変貴重な代物です。(日光市産の本物の熊ですよ!)

そんな熊の爪、熊の牙が、キーホルダーになって販売されています。迫力満点です。

 

 

2018年07月26日 【その他】


平成30年度視察研修事業

 毎年恒例、視察研修事業を実施しました。今回は、16駅26名の皆様にご参加いただき、山梨県八ヶ岳周辺~長野県木曽、安曇野方面を巡る1泊2日のコースでした。

【1日目】7月2日(月)

 

【視察1】道の駅 はくしゅう

【視察2】サントリー白州蒸留所

【視察3】道の駅 信州蔦木宿

【視察4】道の駅 南アルプスむら長谷

【視察5】伊那かんてんぱぱガーデン

【視察6】道の駅 日義木曽駒高原ささりんどう館

【宿泊先】長野県木曽町「街道浪漫 おん宿蔦屋」

 

【2日目】7月3日(火)

 

【視察7】道の駅 木曽川源流の里きそむら

【視察8】道の駅 奈良井木曽の大橋、奈良井宿散策

【視察9】道の駅 アルプス安曇野ほりがねの里

【視察10】大王わさび農場

 

少し内容を詰め込みすぎてしまい、参加者の皆様には大変な思いをさせてしまいました。申し訳ございません…しかし、2日間とも晴天で全行程をスムーズに回ることができました。

 

参加者の皆様におかれましては、大変お疲れ様でございました。

今回ご参加いただけなかった皆様はぜひ次回ご参加ください!

 

2018年07月11日 【協議会事業】


30年度「総会&第1回情報交換会」開催しました。

 6月12日(火)、真岡市「二宮コミュニティセンター」にて、当協議会「第14回通常総会及び情報交換会」 を開催いたしました。

 県内全24駅から関係者55名が集まり、前段を通常総会として29年度事業報告及び決算、30年度事業計画等について審議され、満場一致で承認されました。また今年度は役員改選があり、下記のとおりとなりました。

 会長駅:道の駅はが

 副会長駅:道の駅那須与一の郷

 監事駅:道の駅那須野が原博物館

 

 後半はいつものように情報交換会が行われました。各駅の運営状況についての報告やツバメ対策、防犯対策、Google Map ストリートビュー(店内版)の活用などについても話し合われ、今回も活発な情報交換となりました。

 

 今年度より年に1度の総会のみ、行政の方もご案内することとなりました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 次回は9月、「道の駅那須高原友愛の森」での開催を予定しております。

2018年06月21日 【協議会事業】


道の駅マップ(インフォメーションパネル)を作成しました!

本年度協議会事業として「とちぎ道の駅マップ」(インフォメーション掲示用パネル)を作成いたしました。

A1サイズのパネル式ポスターで、県内各道の駅の入り口やインフォメーションコーナー等に順次掲示が開始されております。

今どこの道の駅にいるかが一目で分かり、その駅の施設情報や周辺観光案内、近くの道の駅までの距離や時間が分かるようになっています。

  

こちらは「道の駅もてぎ」のバージョンです。

各駅ごとに24パターンありますので、道の駅に立ち寄った際には是非確認してみてくださいね! 

2018年03月26日 【協議会事業】


第4回情報交換会(道の駅湯の香しおばら)

 年4回、県内各道の駅を会場に開催しております情報交換会ですが、今年度第4回目は「道の駅湯の香しおばら」が開催担当駅となりました。

 3月16日(金)、開場となったのは道の駅から5分ほどのところにある市の施設「ハロープラザ」でした。当日は強風と雨であいにくの天気でしたが、各道の駅から29名の参加があり、今回も充実した情報交換となりました。

   

今年はこれまで2回、エリア別での懇談を行ってきました。今回はまた初の試みとして、事前アンケートにもとづいて以下の4つの「テーマ別」での懇談を行いました。

①商品開発・ブランド化、②イベント広報・PR活動、③農産物の安定確保、④環境整備、組織運営、施設管理全般

各グループごとに約1時間、時間が足りないくらいに活発な話し合いが行われ、道の駅を取り巻く環境として今どのような事が課題になっているのか、また各駅でどのような対応や取り組みを行っているのかなど、かなり具体的な内容について突っ込んだ話題が出し合われました。

今回も大変有意義な情報交換になったと思います。参加者の皆様ありがとうございました。

 

2018年03月16日 【協議会事業】


【道の駅 きつれがわ】温泉茄子の麻婆まん

今年4月にリニューアルした「道の駅きつれがわ」ですが、最近ではメディアの取材も殺到しており大変好調なようです。

そんな「きつれがわ」にこの冬新たな”あったかグルメ”が誕生しました。

「温泉茄子の麻婆まん」(税込300円)です。

喜連川の特産品である「温泉なす」と、ブランド豚「あさの豚」を使用した限定商品として今年12月から販売されています。

大きめにカットした茄子の食感と、ピリ辛麻婆ソースがベストマッチ。もっちりフカフカの生地に包まれしっかりボリュームもあります。実際、持った瞬間のずっしり感に驚きました。新たな名物誕生の予感ですね。

 

 

2017年12月26日 【グルメ】


【道の駅 もてぎ】おとめバウム

「道の駅もてぎ」と言えば、フレッシュいちごを贅沢に練り込んだ「おとめミルク」ジェラートが有名ですが、実は、さらに贅沢なもう一つの期間限定メニューが前シーズンから誕生しています。

それがこちらの「おとめバウム」(12月~5月、税込450円)です。

どうですかこのビジュアル。「おとめミルク」に「バウム工房ゆずの木」の「米粉バウムクーヘン」がたっぷり混ぜ込まれており、名物2つが一度に味わえるという大変お得な一品です。

「おとめミルク」が310円(安!)なので、プラス140円をどうとらえるかですが…。

断言します、これは十分にその価値アリです!

とちおとめの芳醇な酸味とバウムの甘みとふわモチ食感…。これはもうアイスというより立派なスイーツ、それも相当高級なお店のケーキを食べている感覚です。ぜひ一度お試しください。

道の駅もてぎ「手作りアイスコーナー」

 

2017年12月25日 【グルメ】


第3回情報交換会(道の駅もてぎ)

 今年度第3回目の情報交換会は「ゆず塩らーめん」に「バウムクーヘン」と絶好調の「道の駅もてぎ」で開催されました。参加者の皆様、大変お疲れ様でした。

 12月20日(水)、開場となった「ふみの森もてぎ」は、図書館を核とした町営の文化交流施設で今年7月にオープンしたばかり。木の香りが漂う広々とした空間の中で、今回も活発に情報交換が行われました。

  

 地元茂木町の古口達也町長からご挨拶を頂くことができました。古口町長は当協議会の初代会長でもあり、道の駅を核とした地域振興のモデルをつくった立役者です。

 

  

さて、情報交換のほうは今回もエリア別での懇談が行われました。

今回は共通テーマとして「農産物の確保対策」について、各グループごとに話し合いが行われました。駅によっては集荷業務を実施したり、季節ごとに足らないものは町外から仕入れたりしているところもあり、地域によって違いはありますが、何かしら対策が必要になってきているようでした。

その他にも、冬の寒さ対策、悪質なクレーム対応など、現場ならではの様々な問題について話し合われ、今回も有意義な情報交換となりました。

 

2017年12月25日 【協議会事業】


29年度「接遇講習会」レポート

毎日沢山のお客様が来場される「道の駅」において、”接客・接遇”面の向上は重要なテーマです

心のこもった”おもてなし”でお客様に喜んでもらえるよう、各駅独自に色々な工夫や取り組みを行っております。

当協議会としても県内道の駅全体のレベルアップにつなげるため、年4回の「接遇講習会」を開催しております。

 

 (11/15 会場:道の駅きつれがわ)

会場は持ち回り、複数の駅からの参加者混在で約2時間の実践的なトレーニングを行います

講師は㈲エファの菊地理恵先生です。いつも”楽しく役立つ”研修を行って頂いており、毎年この研修を楽しみにされている方も沢山いらっしゃいます。

今回のテーマは「対話とコンセンサス」そして「報連相」ということで、道の駅で働くことの心構え、接客マナーの基本はもちろん、スタッフ同士の対話や普段からのコミュニケ―ションがいかに重要かに気付かされる内容でした。

普段別々の道の駅で働いている方々が、グループワークを通してあっという間に打ち解け、積極的に対話と交流が行われます。まさに”菊地マジック”ですね。

最初は不安そうな方も、最後には元気に笑顔で「ありがとうございました!」と帰って行かれるのがとても印象的でした。

 

 

2017年11月28日 【協議会事業】


「道の駅カード」の先行販売が始まりました!

本日11月1日より、県内の各道の駅にて『道の駅カード』の販売が開始されました。

  

今回は”栃木県”と”千葉県”だけの先行販売(枚数限定)となっており、レア度も高く注目のアイテムになりそうです。

1枚250円(税込)。シリアルナンバー入りで同じ番号のカードは世界に1枚しかありません。先行キャンペーンとして、道の駅で使える「ギフト券」プレゼントのチャンスもついています。

ポスターには県内23駅とありますが、12月から「道の駅ばとう」も加わり県内24駅全てで販売されることとなります。来年からは他の都道府県でも順次販売が開始され、ゆくゆくは全国に拡大される予定。

全部集めるのは大変ですけど、遠くの「道の駅」に訪れた記念や、自分のラッキーナンバーを狙って地元の駅のカードを買ってみたりと、色々な楽しみ方があると思いますので、お立ち寄りの際は是非チェックしてみてくださいね。

 

詳しくは、関東「道の駅」連絡会又はキャンペーン特設サイトをチェック!

 

2017年11月01日 【イベント】